【infomation】
▼2018年現在、ご依頼の募集は休止しております。▼
スポンサーサイト --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも今年ももうすぐ終わりですが、
相変わらずブログの更新に手が回らず。

そして、ウクレレ・・・、今年中に1本は無理でした。
いやはやうーん。

今年は、仕事の方が忙しくなかなか時間が取れず、難しいものですね。

それはそれとして、
のんびりとですが、ウクレレ製作について。

今年ももうすぐ終わりなので、ウクレレ製作について、
書けそうな事を一気に書きたいと思います。

ついでに、制作1本目という事で、色々とまだわからない事だらけなので
「ウクレレらしきものを作っている」感じで、見て頂けましたら幸いです。


今回もまた、長くなりますので、ご興味のある方は、「▼ 追記 ▼」より。


さて、準備とかのその2という事で、
今回は、図面作成と、モールド作成+αです。

今回は1本目なので、ほぼ手探りの、
図面も数字を出すだけのもので制作を開始しました。

正直な所、1本完成させなければ分からない事だらけだったりします。

そんな感じで、所持しているウクレレから、ボディやネック等の、
外形の大まかな形をとり、ボディとネックの部分を、
好みの形に整形して、外形の型紙を作りました。

UM01_151227_01

こんな感じのただの白いコピー用紙です。
今回は、くびれ部分をシャープ気味に少々大きめの形にしました。

そして、そこから、ボディのモールドを作りました。

UM01_151227_02

今回は薄い板で作りましたが、サイド板の曲げ加工の際などは、やはり、
厚みのあるモールドの方が当然利便性が良いので、次回、2本目制作の際には、
また作り直したいと思います。


そしてそして、最後に、準備といいますか、道具といいますか、
多分、ギターとかウクレレ制作の際、必須?の、
それにしか使い道の無い「アレ」を作成しました。

UM01_151227_03

そうです、ベンディングアイロンです。
サイド板を曲げる為だけの道具!
最後まで、ベンディングアイロンは自作せずに、
なんとか板を曲げれないかと、スチームアイロンだの色々と試しましたが、
結局、自作しました。
結構試行錯誤に時間を取られた割に、
自作は1時間程度で終わるというなんとも切ない感じに。

ベンディングアイロンの自作方法は、ネットでそれなりに出てくるので、
私が書く必要も無さそうですが、ネタついでにそのうち書こうかなと思っております。


っという感じで、今回はここまでで。

次は、いよいよウクレレ本体の制作について書いていきたいと思います。
「ウクレレらしきものを作っている」感じで。
スポンサーサイト

←削除・編集時に使います
Secret ←管理人だけに公開

TrackBackURL
→http://hytolife.blog105.fc2.com/tb.php/174-41e293b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。